稲門塾ってこんな塾です

                   ご挨拶
 1983年に『早稲田稲門塾』をこの地に開塾して、今年で36年目を迎えることとなりました。これほど長く続けて来られたのも、皆様に支えられたおかげと、感謝申し上げます。
 開塾当時の私は33歳という年齢ということもあり、若さと情熱でそれこそガンガンと生徒達を引っ張っていました。時には行き過ぎとも思えるような指導もしました。このことには猛省しています。
 「若い」ということは「未熟」でもあるとも言えるものです。私自身には教導してくれる上司もいなかったため、手探りな状態でもありました。当時、妻も塾の教育に携わっていたため、二人して、塾での教育に良いと思えることは何でも取り入れてきました。お陰様で今では地域の方々に認められ、支えられている塾として、進学指導に尽力できていると自負しています。
 いまでは、二代目として息子と娘が塾教育の中心となり、向学心を持つ生徒の育成に携わっています。そして、かつての卒塾した教え子達の子弟が、今また親が通った稲門塾へ入塾してくるようになったことには、感慨もひとしおです。
 思い起こせば、団塊世代の私が大学受験を迎えた頃は、「受験戦争」とまで表現される競争社会でした。この大学受験では二度の失敗の後、ようやく念願の志望校に合格し、その時に気づいたのは「中学時代にしっかりと基礎を養っていなかった」ということでした。学
生時代の塾のアルバイトの経験が、卒業後一年間のサラリーマン生活を経て、現在の塾の仕事が天職とまで思えるほどになっています。
このような経験から、 「稲門塾」は、単に知識の修得だけに片寄らず、叡知を身につけるなかで、他の人を慮る謙虚さを育むことを真義とすることを目指す塾を目指しています。

                        2018年4月 記  塾長 福山裕一

◎温かく、充実した指導

各科とも、経験豊富な専任が指導し、全生徒を塾長と室長が担当しています。具体的には、

 英語          ……… 塾長 福山裕一 (早稲田大学・教育学部卒)
 数学・算数・理科・他 …… 代表 福山雅也 (早稲田大学・文学部卒)
 小学・中学生 国語 ……  風祭(福山)満理 (早稲田大学・教育学部卒)

  と家族で携わっています。このことで

@アルバイト任せによる指導ではなく、専任による強い責任感をもった指導をしています。

A生徒一人一人を多方面から見つつ、緊密な情報交換ができています。

B自宅が併設されているので、いつでも相談がしやすくなっています。

C時に厳しくても家庭的な温かさがあり、卒業後も塾が心のより所となっています。



◎学習習慣と努力する姿勢をつける

 
「分かる喜び」を感じることで努力できる、部活が大変でも塾に通うリズムで学習習慣をつける、こうしたことで効果的に学ぶことができます。土曜日は、自由に学ぶ自由通塾で、楽しみながらそうした姿勢をつけることができます。残念ですが、中3からでは、この姿勢を身につけ、指導方針を十分に理解できる時間が足りないため、募集を行っていません。


◎負担は最小限に

 
自宅と併設のため『施設費』のような、費用負担がありません。そのため学年と共に授業料が上がったり、講習に10万円近くもかかったりするようなことはありません。中学3年生では授業時間も増えるため通塾日が増えますが負担は時間数に合わせて変わらないなど、どこにも負けない充実した指導が行える範囲で、なるべく費用の負担をおさえるようにしています。

教育理念
知力…小・中・高時代の履修事項は社会生活を営む基礎、上級学校教育の基礎であり、この時期においてこそ知力の育成があるものと考えます。
努力…自己の可能性を無限に広がらせてくれる糧であると考えます。
礼節…礼儀や挨拶、人と人とのあり方など、誠実であることこそ、学力向上に不可欠であると考えます。

指導方針

 私たちは単に「志望校合格」やそのための「受験知識の修得」だけを学習の指導目標としているのではありません。受験成績はあくまで『結果』であり、決して『結果』だけが全てであるとは考えていません。
 学習の指導は先生と生徒との人間的な結びつきや交流があってこそ生まれてくるものと考えます。先生が生徒の名前を知り、性格を知り、学力と興味の発展段階を知って初めて、『生きた学習指導』が始まります。
 さらに授業では、先生は生徒にたいして勉強だけでなく、人間的な面でも納得させるだけの情熱と誠意が必要なことは言うまでもありません。
 もちろん、生徒自信も先生の指導にこたえるべく、自身に対する厳しさと自主的な勉強が要求されるのは当然のことと考えます。
 さらにご父母の方には、ご家庭での子どもの学習環境を整え、力添えてこそ学習の効果が期待できるものです。
 現実に即していえば高校入学後、あるいは中学入学後の勉強と、限りなき人間形成の過程で、

                 『稲門塾で学んだこと』
が脈々と生き続けるような学習指導が、私たちの開塾以来の願いです。

 以上の理念を実現するために、次の点を指導の方針としています。

 1.自主的・積極的な学習習慣の確立

 2.礼節ある学習態度の確立。

 3.厳格な指導と真剣な授業の確立。